スマートフォンの中でも人気があるのがiphoneですが、常に使っていると故障をしてしまうときもあるでしょう。故障をしても使い続けられるときもありますが、修理をした方が快適に使えるようになるので早めに修理するようにしましょう。

正規店に依頼

iphoneが故障した時にどこに修理の依頼をするかですが、基本的には正規店に依頼をします。最初に購入した携帯電話の販売店であったり、メーカーの直営店や販売代理店などを通じて依頼ができます。メーカー系列に依頼した時の注意点を知っておきましょう。

iphone修理の依頼で正規店と非正規店はどう見分けるの?

iphoneはメーカーの直営店や認定を受けた正規店での修理と、非正規店の修理があります。メーカーの保証サービスに加入中の方が、うっかり非正規店で修理をしてしまうと、後々正規店での保証サービスを受け…

正規店でiphone修理をしてもらうメリットは何?

正規店と非正規店の違いはメーカーからの認可を受けて修理ができるか否かです。正規店の場合はメーカーが認可しているため、ハイクオリティな設備と技術によって必要な修理を施していきます。一方で非正規店の場…

iphoneの修理を安心してする方法

iphoneの修理は原因を明確にしないと最適な方法を決めにくく、実績がある店を探すと安心して依頼できます。

無償でiphone修理をしてもらえるのはどんな時?

何らかの不具合が発生した時

車や電化製品など様々な物に言えることではありますが、正しく作っているつもりでも何らかの不具合が生じる場合があります。もちろん会社としては不具合が生じないような製品作りをしています。万が一不具合が生じた場合は、会社としての責任を果たす為に無償修理を行わないといけません。無償修理が行われる場合は何らかの形で告知されるはずなので、それを頼りにして修理依頼をすると修理費用はかからないです。 基本的に、こちらの過失による不具合に関しては無償修理になりません。例えばiphoneを落下させてしまってヒビが入ったとしても、それは使っている人の責任なので有償修理です。iphoneを入手した時の保証書に目を通しておくと良いです。

正規店以外で一度も分解していないこと

保証期間内で、相手側が原因の不具合が発生した時は無償修理できますが、正規店以外で一度でも分解していると保証外になってしまいます。部品の交換はもちろん、カバーを外して中を見るだけでもアウトです。現実的には、カバーを外してまた元に戻す程度では分解したと気付かれる可能性はほとんどありませんが、部品の交換をしている場合は気付かれます。なので、相手側が原因の不具合を無償修理しようとして、分解した事実を隠しても遅かれ早かれ発覚します。なお、保証期間内であっても分解すると保証外になるという事実は保証書に明記されているはずです。何事もルールを守らないと損をするのは自分自身ですし、何も考えず安易に非正規店を利用するのも避けたいものです。

非正規店に依頼

iphoneが故障した時に正規店に持ち込もうとしたが、混雑していたり即時対応できないなどで利用できないときがあります。正規店以外に非正規店がありそちらで対応してもらえる時があります。非正規店利用時のポイントを押さえましょう。

非正規店でiphone修理してもらっても問題なく使える?

iPhoneを使う中、故障することもあるでしょう。その場合、正規店へ持っていけば直してもらうことができます。しかし、街中にはiPhoneの修理を受けつけている非正規店もあります。iPhoneを修理…

非正規店でiphone修理を依頼した時にデータはどうなるの?

急にiPhoneが壊れてしまった!そんな時は修理に出しますよね?自分でパソコンを持っていて、少し画面が割れた程度なら壊れてしまってからバックアップを取る事はできます。しかし、水没したり、部品が壊れ…

非正規店にiphone修理を依頼した時メーカー保証はどうなる?

非正規店にiphone修理を依頼した場合には、メーカー保証の対象外となるケースが多いため、値段の安さから非正規店を選ぶ場合には十分に注意を払うことが大切です。また、正規販売店でiphoneを購入す…

© Copyright Among Smart-phones. All Rights Reserved.